ここから本文です

秋山も続いた!前夜は満塁走者一掃二塁打、第2戦では三塁打で追加点

11/10(土) 19:50配信

スポニチアネックス

 ◇日米野球第2戦 侍ジャパン―MLB選抜(2018年11月10日 東京D)

 第1戦の5回に満塁の走者を一掃する左翼線二塁打を放った秋山翔吾外野手(30=西武)が、第2戦でも打点を挙げた。

 1―0で迎えた3回、四球で出塁して盗塁に成功した田中和を置いた無死二塁から右中間へタイムリー三塁打を放った。秋山は「田中和がチャンスメークをしてくれたので、右方向に打つことを心がけて打席に入った。結果が、ああいう形になりました」と話した。

 第1戦では「3番・右翼」だったが、第2戦では「1番・中堅」で先発。第1戦で逆転サヨナラ2ランを放った柳田が初回に放った先制打に秋山も続いた。

あなたにおすすめの記事