ここから本文です

【京都ジャンプS】タマモプラネット 10度目挑戦で重賞初V 南井師「最終障害までドキドキ」

11/10(土) 20:07配信

スポニチアネックス

 ジャンプ界屈指のスピードを誇るタマモプラネット(牡8=南井、父ネオユニヴァース)が逃げ切り、10度目の挑戦で重賞初制覇を果たした。

 初騎乗の熊沢を背に大逃げを打つと、最後は甘くなったものの、序盤の貯金を生かして押し切り。鞍上は「イメージと違って折り合えたし、トビも完ぺきだった」と嬉しそう。前走は最終障害で落馬していただけに、南井師は「最終障害までドキドキだったよ」と安どの笑みだった。今後は放牧に出され、年末の中山大障害は使わない。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事