ここから本文です

宇野昌磨 ジャンプでミスもGP連勝でファイナル進出「後味悪くない」

11/10(土) 21:31配信

スポニチアネックス

 ◇フィギュアスケートGPシリーズ第4戦・NHK杯第2日(2018年11月10日 広島県立総合体育館)

【写真】フリーの演技をする宇野昌磨

 男子フリーで平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)は183・96点をマークし、合計276・45点。スケートカナダに続いてGPシリーズ連勝とし、12月のファイナル進出を決めた。

 GPは通算5勝目となり、「どの試合よりも温かい声援の中で滑れて自分の力になった」と笑みを浮かべた。4回転サルコーは回転不足となったが、4回転フリップ、4回転トーループは成功。トーループの4―2回転で手をついてコンビネーションにできず、3回転サルコーでもバランスを崩して3回転トーループを付けられなかった。

 自己ベストの277・25点にはわずかに及ばなかったが、「後味は割と悪くない」と振り返った。ファイナルは15、16年が3位、昨年は2位。強豪が集う大舞台で初優勝を狙う。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ