ここから本文です

カショギ氏殺害の録音「各国に配った」 トルコ大統領

11/10(土) 22:55配信

産経新聞

 【カイロ=佐藤貴生】サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件で、トルコのエルドアン大統領は10日、現場の事件当時の状況を録音した記録が存在するとし、「サウジアラビアや米独仏英(の政府)にそれを配った。彼らはすべての会話を聞いて知っている」と述べた。

 トルコのメディアなどは捜査関係者の情報として、録音記録が存在すると報じてきたが、エルドアン氏が公式に確認したのは初めてとみられる。録音内容の詳細は明らかになっていない。

 サウジ政府は10月下旬、事件は「計画的殺人だった」と認めて以降、新たな捜査の進展を公表していない。エルドアン氏の発言には、欧米の主要国を味方にサウジに批判的な世論形成を進め、サウジ側に情報開示を促す狙いがあるとみられる。

最終更新:11/11(日) 1:03
産経新聞

あなたにおすすめの記事