ここから本文です

トランプ氏が首脳会談でマクロン仏大統領に不満表明

11/10(土) 23:37配信

産経新聞

 【パリ=三井美奈】トランプ米大統領は10日、第一次大戦終結100年の記念式典出席のために訪問したパリで、マクロン仏大統領と会談した。トランプ大統領は会談を前にツイッターで、マクロン大統領が提案した「欧州軍」創設について、「侮辱的な話だ」と強く批判。欧州の同盟国にさらなる防衛負担を求めた。

 ツイッターは9日、フランス到着直後に発信された。「欧州は、北大西洋条約機構(NATO)に公平な分担(金)を支払うことが先決事項だ」と記し、欧州安全保障をめぐるフランスの思惑を一蹴した。

 マクロン大統領は今月6日、仏ラジオで「真の欧州軍創設を決断しなければ、欧州を守れない」と発言。中国やロシア、さらにトランプ政権下の米国からも「私たちを守る必要がある」と述べていた。トランプ大統領のツイッターは、NATO加盟国が国防費を国内総生産(GDP)比2%とする目標を定められていることを踏まえ、「欧州側はまず義務を果たせ」と迫ったものだ。

 首脳会談の冒頭でトランプ大統領は「欧州を助けるつもりだが、負担は公平であるべき。今は米国が大部分を担っている」と不満を表明した。マクロン大統領は「NATOの負担はきちんと分け合わねばならない」と語り、機嫌を取り持つのに懸命となった。

 第一次大戦の終結100年記念式典は11日、ロシアのプーチン大統領、ドイツのメルケル首相、トルコのエルドアン大統領ら約70カ国の首脳が参加する。主宰するマクロン大統領は、国際協調主義を打ち出す場にする意向だったが、トランプ大統領のツイッターで完全に出はなをくじかれた。

 欧州連合(EU)はこれまで、紛争地での平和維持活動を想定したEU部隊の枠組み創設で合意。マクロン大統領の提案は、トランプ大統領の「米国一国主義」を受けて一歩踏み込んだものだが、EU加盟国の同意を得てはいない。

 トランプ大統領の外遊は、6日の米中間選挙後、初めて。今回はプーチン大統領との本格的な会談は予定されていない。

最終更新:11/10(土) 23:37
産経新聞

あなたにおすすめの記事