ここから本文です

【前走後の談話】日曜京都11R・エリザベス女王杯

11/10(土) 21:34配信

サンケイスポーツ

 前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

 ◇アドマイヤリード「スローペースのヨーイドンが理想だったが、淡々と流れてしまった。脚をためられるポジションで運びたかったので、せかすこともできなかった。最後もディアドラと一緒に上がっていければよかった。でも、調教で乗ったときよりも、レースの方がいい感じだった」(田辺裕騎手)

 ◇ヴァフラーム「陣営から、出していってほしいという指示があった。しっかりと反応して、いいポジションを取ることができた。直線では右にモタれながらだったけど、しっかりと伸びてくれた。そのあたりが解消してくれば、もっと走れるように思う」(川又賢騎手)

 ◇エテルナミノル「ゲート内ではすごく落ち着いていて、スタートを出てくれた。ただ、大外枠は厳しい。本当は馬の後ろにつけたかったけど、自分から動く形になってしまった。ここ2戦ともゲートを出てくれたのは収穫だった」(四位洋騎手)

 ◇カンタービレ「今日は折り合い重視の競馬をした。よく伸びていたし、ためれば切れる」(武豊騎手)

 ◇クロコスミア「1頭先に行く馬がいたが、自分のペースで運んだ。ラストまでジリジリと伸びてくれた」(岩田康騎手)

 ◇コルコバード「4コーナーでの反応が良くて、かわせると思ったんだけど。併せてから、相手にもうひと伸びされてしまった。それでも後ろは離しているし、いい競馬ができたと思う」(丸山元騎手)

 ◇スマートレイアー「前に壁をつくれなかったので、途中から手綱を放したが…。うまく乗れずに申し訳ない」(浜中俊騎手)

 ◇ノームコア「これまでは2番手で走っていたけど、馬の後ろのポジションを取りたかった。向こう正面で風が強くて、カバーが欲しくて。4、5番手でリラックスしていたし、4コーナーで抜けるときもすごくいい反応。もっと上のクラスにいけそう」(ルメール騎手)

 ◇ハッピーユニバンス「軽ハンデを生かして思い切った競馬をした。4コーナーで馬場に脚を取られたが、それでもよく踏ん張ってくれた」(横山武騎手)

 ◇フロンテアクイーン「勝ちパターンだったのだけど。最後まで抵抗してくれたけど、この時計だったし、相手はあれだけ後ろにいたのに届くのだから。これがGI級ということなのかな。でも、この馬もGI馬を負かしているし、よく頑張ってくれた。以前は擦(こす)られたりするともろかったけど、少しずつ成長して競馬もじょうずになっている。何とかタイトルを取らせてあげたい」(蛯名正騎手)

 ◇ミスパンテール「休み明けは関係ない馬だし、イレ込むのもいつものこと。2週前の調教が強すぎて、オーバーワークになってしまったのかな。その点は次への課題にしたい」(昆貢師)

 ◇モズカッチャン「外枠はきつかった。進路がなく、残り100メートルで外に出せた。よく頑張っている」(Mデムーロ騎手)

 ◇リスグラシュー「すごくいいレースだった。ラストまで伸びてくれたけど、あと2完歩分、距離が長かった。勝ち馬は強すぎた。残念だった」(Mデムーロ騎手)

 ◇レイホーロマンス「全体の時計も、上がりも速いなかでしっかりと脚を使っていた。こういうきれいな馬場が合っているのだと思う」(北村友騎手)

 ◇レッドジェノヴァ「道中のリズムも良く、間を割って勝ち馬に迫ったが…。4コーナーで下がってくる馬がおり、ブレーキをかけたのがもったいなかった」(池添謙騎手)

 ◇ワンブレスアウェイ「ゲートはいつもより出てくれた方だし、いいポジションでリズム良く運べた。牡馬相手によく頑張ってくれたと思う。休み明けを叩いた次走はもっと良くなりそう」(津村明騎手)

最終更新:11/10(土) 21:34
サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ