ここから本文です

【エリザベス女王杯】5週連続GI制覇へルメール祭り継続だ!ノームコア激走「2200メートルも大丈夫」

11/10(土) 22:11配信

サンケイスポーツ

 4週連続JRA・GI制覇の金字塔を打ち立てた快腕・ルメールが、今週もノームコアで勝つ。

 2歳7月と早い段階でデビューしたが、決して使い急ぐことはなく、2歳で2戦、3歳春に2戦と消耗を避けたローテーションを選んできた。そんな省エネスタイルが成長を促し、この秋は一気に日の目を見つつある。

 前走の紫苑Sはそれまでの先行粘り込みのスタイルから一転。ラスト3Fが11秒5-11秒5-11秒2という極限の切れ味比べを、好位から弾けるように抜け出し、3馬身差の圧巻Vを飾った。

 ちょうど昨年の覇者・モズカッチャンを彷彿とさせる、ハービンジャー産駒の3歳秋の上昇力。「春とのギャップに戸惑っている」と、萩原調教師も認めるほどのインパクトある走りを見せた背景には、やはりルメール様の手腕も見逃せない。秋華賞をパスしたのは体調が戻り切らなかったためだが、ルメールがアーモンドアイに跨がるためこちらには乗れない3冠最終戦より、コンビ継続を優先した内情もあったはずだ。

 しかもトレンドは休み明け。秋華賞と菊花賞を制した関東馬2頭、アーモンドアイとフィエールマンは、いずれも休養を経ての快走だった。ひと息入れて余力十分なコンディションで西下し、本番を迎えることこそ、久しく苦戦が続いた関東馬にとって、西のGI攻略の特効薬となっている。

 快挙継続へ、主戦ももちろんやる気十分。「前走はゴールしてからも伸びていたから、2200メートルも大丈夫。3歳で戦うのは大変だけど、ジェンティルドンナやブエナビスタのようなチャンピオンホースはいないから」と、冷静にメンバーを確認したうえで手応えを明かす。5週連続へ、ルメール祭り継続だ。

 “究極の3連単”はノームコアを1着、2、3着にリスグラシューを据えた12点。(夕刊フジ)

最終更新:11/10(土) 22:11
サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事