ここから本文です

稲垣吾郎、舞台で共演・剛力彩芽とのプライベートショットを約束!?

11/10(土) 23:02配信

TOKYO HEADLINE WEB

 舞台『No.9 ー不滅の旋律ー』の公開稽古が10日、TBS赤坂ACTシアターにて行われ、主演の稲垣吾郎が稽古前の囲み取材で舞台への意気込みを語った。

 天才ベートーヴェンが聴覚を失ってから最後の交響曲「第九」を生み出すまでの劇的な半生を描く物語。初演から3年を経て、再び稲垣が主人公ベートーヴェンを演じる。ヒロイン・マリア役に新たに剛力彩芽。

 稲垣は、剛力をはじめとする新キャストたちについて「皆さん、本当に役にぴったり。剛力さんは20代から40代までを演じる難しい役どころですが、すごく真面目にとりくまれています」と絶賛。剛力とプライベートについて話したかと質問され「ご飯に行ったりするのはこれからですね。地方公演もあるので」と答えた稲垣だったが「ZOZOさんから差し入れは?」と畳み掛けられると「その質問は想定していなかった(笑)」と苦笑。

 舞台では感情の起伏が激しいベートーヴェンを全身で体現する稲垣だが、共通点はとの質問に「ヒステリックなところですかね」。意外そうな報道陣に「あまりそう見えないですよね。でも最近、香取(慎吾)くんや草なぎ(剛)くんに“ヒステリックゴロチ”って言われるんです。あまり皆さんに見せていないけど実は多少そういうところがあるんです」と明かし、報道陣から、今イラッと来てます?と尋ねられると「今のところ大丈夫。もうちょっと近づいてくれても(笑)」と大人な笑顔。

 普段から気を配っている髪型の話題をふっても大丈夫かと聞かれ「大丈夫ですよ、これカツラなので…」と答えたが、舞台用のカツラであることに記者たちが気づいていなかったことを知ると「分からなかったの? 普段はもっと髪型をちゃんとしているじゃないですか! こんなボサボサなワケないでしょ!」と“ヒステリックに”反論し報道陣を笑わせた。

 初演から3年。稲垣は「この3年で自分の環境も変わった」と振り返り「ベートーヴェンが亡くなったのは56歳なんですが、僕も“ゴロウ(56)”ということで56歳までやり続けたい。芝居にはその時の自分が出るものなので、3年経った成長を皆さんに見てもらえれば」と意気込みを語った。

「おかげさまでブログの読者も増えているので、これからも皆さまにいろいろお届けしたい」とうれしそうに語った稲垣。報道陣から公演中のオフショットを期待されると「そうですね、剛力さんや素敵な共演者の方々とのプライベートの写真を。僕のプライベート? じゃあ裸にガウン姿で(笑)」とサービス精神を見せていた。

 舞台は11日から12月2日まで同所にて上演。その後、大阪、神奈川、福岡にて2019年1月14日まで順次上演される。

最終更新:11/10(土) 23:02
TOKYO HEADLINE WEB

あなたにおすすめの記事