ここから本文です

正答率5割へ試行錯誤…2度目の大学プレテスト

11/10(土) 23:34配信

読売新聞

 大学入試センター試験に代わって2021年1月に始まる「大学入学共通テスト」に向けた試行調査(プレテスト)が10日始まり、国語や英語、世界史などが行われた。昨年11月に続き2回目の今回は、運営体制などを確認するため、2日間の日程で本番と同様に大学など延べ528校が会場となり、同1851校の高校2、3年生約8万4000人がテストに臨んだ。

 大学入試センターによると、全国規模のプレテストは今回が最後で、来年3月までに正答率を公表する。文部科学省は同5月頃、共通テストの日程や科目などを発表する方針だ。

 2日目の11日は、数学や物理などが行われる。

              ◇

 共通テストは思考力や表現力を重視しており、国語と数学でそれぞれ、記述式問題が出題される。

最終更新:11/11(日) 19:17
読売新聞

あなたにおすすめの記事