ここから本文です

水辺の生物 詳しく調査 魚津水族館

11/10(土) 22:15配信

北日本新聞

■隊員児童が成果発表

 うおづ水辺の調査隊の発表会が10日、魚津市の魚津水族館で開かれた。市内外の小学生11人は、子どもならではの視点の光る研究成果を家族や同館職員らに披露した。

 調査隊は2011年から実施。今年も同館職員の助言を受けながら、興味を持った水辺の不思議を追究した。

 同じ場所で生き物の観察を5年間続けてきた隊員は、工事で湿地がなくなったため、モリアオガエルなどを発見できなかったと報告した。カニの生息場所を探ったり、ウマヅラハギの骨格を調べたりした子もいた。甲南大(兵庫)の道之前允直(まさなお)名誉教授らが講評した。

北日本新聞社

最終更新:11/10(土) 22:15
北日本新聞

あなたにおすすめの記事