ここから本文です

【日米野球】MLB選抜監督が“柳田劇場”にお手上げ 「こちらにとって危険なタイプな選手」

11/10(土) 22:31配信

Full-Count

第1戦でサヨナラ弾を浴び、第2戦は2戦連発を含む4安打4打点と止められず

■侍ジャパン 12-6 MLBオールスター(10日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は10日、東京ドームで第2戦が行われ、侍ジャパンが12-6が快勝した。第1戦、第2戦と柳田悠岐(ソフトバンク)の大活躍でまさかの連敗スタートとなったMLB選抜を率いるドン・マッティングリー監督(マーリンズ)は「こちらにとってみれば危険なタイプな選手」とお手上げだった。

【表】前田健太も参戦! 侍ジャパン&MLBオールスター選手一覧

 第1戦は勝利目前でバックスクリーンへサヨナラ2ランを浴び、第2戦は先制打、2戦連発の2ランなど4安打4打点と日本の4番を止めることができなかった。試合後、マッティングリー監督は柳田を「素晴らしい選手だと思う。非常にいいスイングをする。今日は左中間。やはり自分がいい球をセンターに打ち返そうというところが優れた選手」と称賛するしかなかった。

 さらに「こちらにとってみれば危険なタイプな選手。どの選手でもどこかしらに穴があると思うので、弱点を突く攻め方をしないといけない」と語り、第3戦に向け警戒心を強めていた。

 投手陣が侍ジャパン打線を止められず12失点と大味な試合となり「今日の試合は序盤で決まってしまった。早くに点を取られたが、逆にこちらは1回から3回まで得点ができず、そこで勢いを失ってしまった」と敗戦の弁を口にしていた。

Full-Count編集部

最終更新:11/10(土) 23:39
Full-Count

あなたにおすすめの記事