ここから本文です

【日米野球】侍ジャパンでも西武1、2番コンビが躍動 稲葉監督「日本代表でも期待している」

11/10(土) 23:12配信

Full-Count

1番・秋山が3安打3打点、2番・源田も3安打1打点と打線を牽引

■侍ジャパン 12-6 MLBオールスター(10日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は10日、東京ドームで第2戦が行われ、侍ジャパンが12-6で連勝スタート。柳田悠岐(ソフトバンク)が2試合連発となる一発を放つなど4打数4安打4打点の大活躍。チームも17安打12得点とメジャーを圧倒した。

【表】前田健太も参戦! 侍ジャパン&MLBオールスター選手一覧

 先発の上沢(日本ハム)も5回4安打1失点の好投を見せ、打線も1番の秋山が3安打3打点、2番の源田も3安打1打点と西武コンビが機能。投打が噛み合いメジャー相手に連勝を飾った稲葉監督は「先制点が取れたのが非常に大きかった。日本の流れになってきたと思う。昨日も含め、打者が非常にコンパクトに打撃してくれたのがこういう結果につながった」と先制点を奪った初回の速攻を称賛。

 試合前の全体ミーティングでは1点の重要性を説いた指揮官は「昨日のサヨナラ勝ちでいい流れで今日入れたのは一つ、大きいな要因でもあった。選手個々で理解してくれて、こういう繋がりという部分につながった。今日のつながりで皆がこういう野球をしていけばいいと分かって頂ければ明日につながる」と手応えを口にした。

 この日は「2番・遊撃」で源田を起用し西武の1、2番コンビが侍ジャパンでも機能。源田については「まず守備が非常にいい。打つ方でも西武打線は秋山、源田の1、2番コンビの中で2番打者として生かされている部分ある。スチールもできますし走攻守そろったところで日本代表でもそのような活躍を期待している」と評価していた。

Full-Count編集部

最終更新:11/10(土) 23:12
Full-Count

あなたにおすすめの記事