ここから本文です

清水2発快勝で残留!名古屋は痛い●/清-名32節

11/10(土) 16:46配信

日刊スポーツ

<明治安田生命J1:清水2-0名古屋>◇第32節◇10日◇アイスタ

前半は互いの特徴を出し合った。ホームの清水エスパルスは得意のカウンターからチャンスを作る。同19分、左サイドでボールを奪うと、MF白崎から中央へスルーパス。ボールを受けたMF河井がDF1人をかわして左足ミドルを放った。一方、名古屋グランパスは終始ボールを持ちながら攻撃を展開。23分には左サイドから中央を崩し、MF玉田がゴール中央からシュートを放った。前半は両チームともゴール前での精彩を欠き、無得点。0-0で折り返した。

後半は清水が主導権を握った。同14分、U-21(21歳以下)日本代表DF立田が右サイドからクロスを供給。中央で日本代表FW北川がヘディングで合わせてネットを揺らした。同20分には立田のクロスをFWドウグラスが打点の高いヘディングで合わせてチーム2点目をマーク。2点を追う名古屋は同32分に右CKからMFネドゥアルドネットが頭で合わせてネットを揺らすも、オフサイドの判定でノーゴールだった。

清水は2試合ぶりの白星を挙げ、J1残留が確定。残留争いをする15位名古屋は痛すぎる黒星となった。

最終更新:11/11(日) 22:51
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事