ここから本文です

大橋悠依が日本新で2位 女子400m個人メドレー

11/10(土) 19:17配信

日刊スポーツ

<競泳:W杯東京大会>◇10日◇第2日◇東京辰巳国際水泳場◇短水路(25メートルプール)

女子400メートル個人メドレーで、大橋悠依(23=イトマン東進)が、日本新記録の4分22秒73で2位に入った。優勝したホッスー(ハンガリー)と大接戦を展開。

300メートルまでわずか0秒03差で食らいついた。最後の自由形で離されたが、0秒82差でフィニッシュした。自身が持つ日本記録を1秒30も更新した。

大橋は「あとちょっとで勝てそうだったので、すごく悔しいです。ホッスー選手も悪いタイムじゃないと思いますし、お互いいい状態でできた。苦手な短水路でここまで迫れたので、練習の成果を感じます」と笑顔を見せていた。

最終更新:11/11(日) 23:35
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事