ここから本文です

筑波大が初戦敗退「早く点数を取りたかった」監督

11/10(土) 19:19配信

日刊スポーツ

<明治神宮大会:近大2-1筑波大>◇10日◇大学の部1回戦◇神宮

筑波大が、近大投手陣の前に1得点に抑え込まれ、初戦敗退した。

【写真】本塁を狙うも左翼手の好返球に阻まれる山川

毎回走者を出しながら、好機で1本出ず。9回に代打・片岡心内野手(1年=報徳学園)の適時打で1点を返したが、反撃が遅かった。

川村卓監督は「もう少し早く点数を取りたかった。(近大・小寺の投球は)思ったより変化球が多く、ボールを絞りきれず、うまくかわされた」と唇をかんだ。

最終更新:11/11(日) 22:12
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい