ここから本文です

侍ジャパンの西武勢が大活躍、森「これからです」

11/10(土) 23:14配信

日刊スポーツ

<2018日米野球:MLB選抜6-12日本>◇第2戦◇10日◇東京ドーム

西武から出場した選手たちが気を吐いた。

1番中堅の秋山翔吾外野手は、3安打1四球3打点。

2番遊撃の源田壮亮内野手は、3安打1四球で1打点。

5番一塁の山川穂高内野手は、5回に遊撃の頭上を越す安打(記録は遊撃内野安打)を放ち、代表3試合目、通算11打席目で初安打。

途中出場の森友哉捕手は、7回に代打で左前打。9回には投手強襲の内野安打を放った。

森は前日の代打での安打から3打席連続安打。「特別、何かを変えて結果が出るほど、器用じゃない。シーズンと同じ気持ちで打席に入りました。まだ3打席。これからです」と気を引き締めていた。

最終更新:11/11(日) 22:05
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事