ここから本文です

86歳のおばあちゃん手編み靴下「Nanny」 優しくあたたかいと評判に /神奈川

11/11(日) 5:01配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 86歳のおばあちゃんが様々な毛糸を使って手編みしている靴下が、「色あいが楽しい」「私好みの柄に出会った」「やさしい履き心地」「あたたかい」と評判になっている。(小田原箱根経済新聞)

ブランド化を推進

 米国ネバタ州立大学の認定ピラティスマットインストラクターの資格を持つおおくまあつみさんは「私はこの靴下を初めて見たとき『わあ!なにこれ。すごい、何でこんなに優しくてあったかいんだろう』と、ものすごく感激した」と、靴下に巡り会ったときの驚きを話す。

 サイズも、デザインも、様々な毛糸によって編まれているため色とりどりでランダムで、ほぼ全てが一点物。なかなか同じデザインのものはないことも人気の秘密。おおくまさんは「ひとつひとつに、命が吹き込まれたような個性あふれるキャラクターのおばあちゃんの手編みの靴下。実は、ちょっと編み目がずれていたりすることも。左右の靴下のサイズが違うなんてことも。売り物からは外しているが、そんなちょっとおちゃめなところが、にじみ出ていて愛らしい」と話す。

 商品をより多くの人に愛用してもらいと考えたおおくまさん。86歳のおばあちゃんが作ったの手編み靴下のブランド化を考え、ブランド名を親しみを込めて「おばあちゃん」と呼ぶときの言葉「Nanny(ナニー)」とネーミングした。

 販売面で協力したのは、湘南で上質なビンテージデニムを使ってオーダーメイドし、レングス(長さ)までも、ぴったりのジーンズを提供している「touch is love JEANS(タッチイズラブジーンズ)」(茅ヶ崎市共恵)の工藤琢(おさむ)さん。小田原地域などでこだわりのジーンズの販売やリペアをキャンピングカーで行っている「Denimman(デニムマン)」の新倉健一郎さんも協力する。

 工藤さんや新倉さんによれば「手にとって感触や肌触りを感じて欲しい。手編みした人の人柄まで感じられる。これが最大の魅力」「手編みの靴下に不思議な力がある。魅力にあふれてもいる」と話す。

 価格は3,000円。柄などはホームページで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】
あなたにおすすめの記事