ここから本文です

吉本興業が渋谷にeスポーツの拠点“よしもと∞ドーム”をオープン! 人気芸人が揃ったセレモニーをリポート

11/11(日) 9:17配信

ファミ通.com

文・取材・撮影:イズミロボ・ササ

お笑いとeスポーツが強力タッグ!
 吉本興業は、東京都内の渋谷BEAMビル7Fに、eスポーツイベントなどの開催を目的とした“よしもと∞ドーム”をグランドオープンさせた。

 ドーム内には、“ステージI”(90席)と“ステージII”(50席)が設けられ、eスポーツのさまざまな催しが開催される予定。吉本興業ならではの芸人によるゲームイベントのほか、ゲームプレイヤーによるコミュニティーイベント、ゲーム会社のプロモーション、ゲーム大会など、幅広いイベントを実施していくという。さらにロビーには、若手芸人が直接、来場客にサービスを提供する飲食スペース“ヨシモト∞ドーム CAFE”も設置。芸人を身近に感じられる、インタラクティブな空間が提供される。

 オープン初日の2018年11月10日には、オープンセレモニーおよび記者会見が開かれた。多くのゲスト芸人が登場して大いに盛り上がった、そのステージの模様をお届けしよう。


 MCを担当するのは、ピン芸人のタケト。オープニングでは、タケトの進行のもと、テープカットのセレモニーが行われた。出席者は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー 代表取締役社長 藤原寛氏、NTTぷらら 代表取締役社長 板東浩二氏、トレンディエンジェル、ゆにばーす、西澤祐太郎(よしもとゲーミングチーム所属)といった面々だ。全員が一斉にテープにハサミを入れ、ドームのオープンを祝った。


 華々しいセレモニーに続いては、記者会見に。まず登壇したのは吉本興行の藤原寛氏で、「吉本興行は、お笑いはもちろん、さまざまなエンターテインメントを楽しんでいただこうと取り組んでおり、その一環として、今年の3月にeスポーツ事業に参入いたしました。本日はそのeスポーツの発信拠点として、“よしもと∞ドーム”をオープンさせていただきます」とあいさつ。
 続けて、「スポンサードしていただくNTTぷらら様のプラットフォームを通じて、イベント配信や映像コンテンツの発信も行っていきたいと思っております。劇場にお越しいただくお客さまはもちろん、全国のお客様に愛される劇場を目指します」と、オープンに向けての意気込みを語った。


 続いては、NTTぷららの板東浩二氏が登壇し、コラボレーション企画を以下のように紹介した。
 「今回、カフェでは我々が提供する3Dバーチャルフィギュアが楽しめますし、キャラクターの光カエサルとの写真撮影も可能になっています。また12月からは、“シブオビ”という番組を、この“よしもと∞ドーム”から生配信していく予定です。渋谷がeスポーツならびにエンターテインメントの発信基地となれるよう、我々も最大限の努力をしていきたいと思っています」(坂東氏)。


芸人とプロゲーマ-がガチバトル!
 この“よしもと∞ドーム”オープンとともに、長らく愛されてきた若手の登竜門“よしもと∞ホール”もリニューアルオープンとなる。ステージでは続いて、その“よしもと∞ホール”で活躍してきたお笑い芸人たちがゲストとして登場。出席者は、トレンディエンジェル、相席スタート、おかずクラブ、ゆにばーす、コロコロチキチキペッパーズの5組。ホール卒業生扱いのトレンディエンジェルは別として、ほかはいずれも劇場での人気ランキングがトップクラスの4組だ。


 さらに、このドームはeスポーツの拠点ということで、“よしもとゲーミングチーム”所属のジョビンと西澤祐太郎もステージに登場。グランドオープンについては両名とも、「どんどんイベントなどをやっていきたいですね」と抱負を語ってくれた。ちなみにジョビンは『ストリートファイターV』、西澤祐太郎は『スプラトゥーン』の実力者だ。


 ここで最後のゲストとして、お笑いコンビ・キャベツ確認中のキャプテン★ザコがステージに。なんとザコさんは、コミュニケーション能力が高くバルーンアートも得意なことから、“ヨシモト∞ドーム CAFE”の店長に任命されたとのこと。
 「ソフトドリンクはもちろん、アルコールもあります。いま風に、見栄えも重視してますよ。ちなみに芸人さんが飲む場合、割引にできないか、戦ってます(笑)」(キャプテン★ザコ)。


 そして記者会見のラストを締めくくったのは、オープンを記念した“よしもと∞芸人VSよしもとゲーミング”エキシビションマッチだ。題材としたゲームは、『ストリートファイターV アーケードエディション』で、対戦カードは、ジョビンとコロコロチキチキペッパーズの西野創人。ネカリVSリュウのバトルとなったが、ジョビンのネカリが一方的に西野さんのリュウをKO。

 さすがにハンデを、ということで、8割方ライフが減るまでジョビンさんは攻撃禁止というルールで仕切り直したが、それでもジョビンさんの勝利。さらに同ルールでゆにばーすの川瀬名人がチャレンジしたが、こちらも返り討ちに。ジョビンがプロゲーマーとして、さすがの強さを見せつけた。


 オープンセレモニーおよび記者会見はこれにて終了となり、フォトセッションが行われて幕となった。渋谷の新たなeスポーツスポットとして名所となるか、今後行われるイベント等にはぜひ注目していきたいところだ。


独自の強みを活かしたイベントを展開!
 なお記者会見終了後、よしもとスポーツエンタテインメント代表取締役社長の星久幸氏にお話を伺うことができた。最後にそのコメントを紹介しよう。


――“よしもと∞ドーム”がいよいよスタートということで、まずはオープンの感想をお聞かせください。

星氏 芸人さんやウチの選手に限らず、ほかのeスポーツプレイヤーも活躍できる場が渋谷にできたということは、本当にうれしいです。なぜかというと、いままでは秋葉原とか池袋とか、ステロタイプな場所にしかなく、そうなると外の人たちがいつまでたっても、eスポーツというものを知らないし触れないんですね。渋谷という場所で、しかも芸人が絡むことで、一般化といいますか、外にきちんと発信できるようなスポットになるんじゃないかと期待しています。

――お笑いの吉本興業さんがeスポーツに進出というのは、大きく注目されたニュースだったと思います。eスポーツへの取り組みについてどうお考えですか?

星氏 eスポーツとひとことで言っても、チームに特化したものだったり、イベント運営に特化したり、リーグや大会など、いろいろな事業があると思っています。ウチは基本的な業態として、マネジメントもしてイベントも自分たちで打って映像も作ってと、エンターテインメントにおいてすべてカバーしているのですが、eスポーツにおいてもリソースを全部使って展開していこうという方針で、3月に立ち上げました。僕らも興行会社なので、ゆくゆくは大きなキャパシティのイベントを自分たちで作ってみたいというのが将来的な目標としてあります。そのノウハウを蓄えていくために、こういった場所で、選手を支える裏方スタッフ、演出や配信、MCなど、関わるすべての人たちのノウハウを蓄積させていって、準備していきたいところです。

――今日はふたりのゲーマ-のかたが出演されました。選手のピックアップ、育成という面についてはいかがでしょう?

星氏 僕らは基本的に、自分たちで声を掛けにはいくのですが、「入りたい」という人には、面倒を見させていただきますというスタンスです。プロの方もプロ志望のかたも、スカウトはつねに行っていて、今後また10人くらいと契約をする予定です。レベルに応じてお給料をお支払いするのか、給料はないけど遠征の交通費や宿泊費は負担する形なのか、歩合制なのか、いろいろな形態はもちろんあるんですけど、選手契約は今後どんどん増やしていく予定です。

――プロのゲームチームとして、とくに力を入れたいジャンルなどはあるのでしょうか?

星氏 個人個人の好みはあるでしょうが、チームとしてはコストもきちんと見ていかないといけないし、ライセンシーの問題も含め、そこは慎重にやっています。とくにPCゲームに関しては維持費もかかってくることもありますし、収支を見ながらやっているところなので。個人選手のように、「はい来た、はいどうぞ!」という簡単なわけにはいかないですね。

――このドームでは、お笑いとeスポーツの融合がひとつの特徴かと思いますが、今後展開していきたいイベントなどはありますか?

星氏 今日の記者会見でのデモンストレーションマッチが、まさにそういう部分だと思っています。ゲームを知らない人でも見やすいといいますか、芸人さんの合いの手やトークが入ることで、わかりやすく好きになってくれるということが、僕らの強みだと考えています。ウチならではの、興味がない人でも引き込みやすいイベントを構成していきたいですね。あとは、NTTぷららさんの例もありますが、会場に来られない人にも配信で見ていただけるような、発信力も活かしたいです。

――今後eスポーツ事業で、こんな新しいチャレンジをしてみたいとか、なにか展望はありますか?

星氏 大きいイベントを仕掛けたいというのはもちろんですが、僕らはIPを持っていないので、IPをお預かりして、それをどうマネタイズしていくかという作業をチャレンジしているところです。たとえばリーグを自分たちで作り、配信権を売って運営していくとか、そんなことをやっていこうと考えています。あとは芸人、プロゲーマー、アマチュアなどを混成させたチームを作って、いろいろなタイトルを長期スパンで戦うような取り組みも、始まる予定です。

――最後に、ファンにひとことメッセージをお願いします。

星氏 “よしもと∞ドーム”のオープンで、渋谷にゲームが身近に楽しめる場所ができました。僕らも頑張っていろいろなイベントが頻繁にできるようにするので、ちょっとでも興味があれば覗きにきていただきたいです。なかなか配信でしか見られなかったような選手のプレイが生で見られたリ、コミュニケーションできるような場を提供していく予定なので、楽しみにしてください。

最終更新:11/11(日) 9:17
ファミ通.com

あなたにおすすめの記事