ここから本文です

<JAXA>「究極の魔法瓶」宇宙から地球に帰還

11/11(日) 8:45配信

毎日新聞

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、国際宇宙ステーション(ISS)から実験試料を持ち帰る小型カプセルを無人物資補給機「こうのとり」7号機から放出した。カプセルは大気圏に突入し、同日午前7時すぎ、太平洋の南鳥島近海に着水したことが確認された。JAXAが船で回収した。

【魔法瓶の究極形態】カプセルに収納される断熱容器

 これまでISSからの物資回収は米国やロシアに頼っており、日本が持ち帰るのは初めて。こうのとり7号機本体は大気圏に突入して燃え尽きた。

 カプセルの中には、タイガー魔法瓶(大阪府)と共同開発した真空断熱容器があり、内部の実験試料を高温から保護する。今回はISSの日本の実験棟「きぼう」で作製したたんぱく質の結晶を入れた。【西川拓】

最終更新:11/11(日) 14:31
毎日新聞

あなたにおすすめの記事