ここから本文です

柚希礼音の芸歴20年記念2作品が2019年に上演決定、ソニンとの共演作も

11/11(日) 11:00配信

ステージナタリー

柚希礼音の芸歴20周年記念企画として、来年2019年に2作品が上演されることが決定した。

【写真】「A New Musical『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』」ビジュアル(メディアギャラリー他1件)

本企画ではまず、19年5月24日から6月9日まで東京・CBGKシブゲキ!!、7月13日から15日まで大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで、多重人格の女性を主人公とする一人芝居「REON YUZUKI one-man show Musical『LEMONADE』」を小林香の作・演出で上演。さらに柚希は同年9月から10月に、ブロードウェイで活動するクレイトン・アイロンズとショーン・マホニーが音楽と作詞を手がけた、「A New Musical『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』」で主演を務める。本作では共演にソニンを迎え、日本版脚本・演出を板垣恭一が担当。いずれも公演の詳細については続報を待とう。

1999年に初舞台を踏み、2009年には宝塚歌劇団星組トップスターに就任、15年の退団後はミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」や「マタ・ハリ」などに出演してきた柚希。19年2・3月には「Bunkamura 30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2019『唐版 風の又三郎』」への出演を控えている。

■ 「REON YUZUKI one-man show Musical『LEMONADE』」
2019年5月24日(金)~6月9日(日)
東京都 CBGKシブゲキ!!

2019年7月13日(土)~15日(月・祝)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

作・演出:小林香
出演:柚希礼音

■ 「A New Musical『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』」
2019年9月~10月
東京都 TBS赤坂ACTシアター
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

音楽・詞:クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニー
日本版脚本・演出:板垣恭一
出演:柚希礼音、ソニン ほか

最終更新:11/11(日) 11:00
ステージナタリー

あなたにおすすめの記事