ここから本文です

大阪に万博誘致なるか=23日に開催地決定

11/11(日) 7:30配信

時事通信

 2025年の国際博覧会(万博)の開催地が23日にパリで開かれる博覧会国際事務局(BIE)総会で決定する。55年ぶりの大規模万博の開催を目指す大阪とエカテリンブルク(ロシア)、バクー(アゼルバイジャン)が激しい争いを繰り広げている。

 ―そもそも万博ってどんなもの。

 各国が最先端の科学技術を展示したり、国際的な課題への取り組みを示したりする世界最大級のイベントだ。日本では1970年に大阪で初めて開催され、米国が月面探査で持ち帰った「月の石」などが公開され、約6400万人が訪れた。05年には愛知で開かれた。

 ―大阪は25年万博で何をするの。

 「いのち輝く未来社会のデザイン」がテーマだ。関西はノーベル賞を受けた山中伸弥京都大教授のiPS細胞研究所などがあるライフサイエンスの拠点。それを生かして、「健康になる万博」を大阪市の人工島「夢洲(ゆめしま)」を会場にやろうとしているんだ。IoT(モノのインターネット)技術を活用した待ち時間ゼロの万博も目指している。

 ―なぜ大阪で万博を開きたいの。

 20年に東京五輪・パラリンピックが行われた後、景気が悪くなることを政府は心配している。だから万博という大きなイベントを大阪で開くことで、景気悪化を防ぐ狙いがあるんだよ。

 ―大阪で決まりじゃないのかな。

 そういうわけでもないんだ。エカテリンブルク、バクーともこれまで万博を開催したことがない。だから両国とも未開催国で万博をやるべきだと訴えている。大阪府の松井一郎知事も「油断はできない」と言っているよ。

 ―どうやって開催地が決まるの。

 BIE総会の場で、加盟国の投票によって決まるんだ。最初の投票で3分の2以上を獲得した国が当選。すべての国が3分の2を下回れば、上位2カ国で決選投票が行われる。

最終更新:11/11(日) 7:36
時事通信

あなたにおすすめの記事