ここから本文です

バイオリンで金川さん2位=ロン・ティボー音楽コンクール

11/11(日) 7:31配信

時事通信

 【パリ時事】若手音楽家の登竜門として知られる仏ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのバイオリン部門最終選考が10日、パリで行われ、米国籍の金川真弓さん(24)が2位に入賞した。

 東京都出身の弓新さん(26)も5位に入った。最優秀賞はウクライナのディアナ・ティシチェンコさんが受賞した。

 金川さんはドイツのフランクフルト生まれ。4歳からバイオリンを始めた。米国での生活が長く、現在はベルリンの音楽大で学びながら演奏活動を行っている。受賞後、「とてもうれしい。楽しく弾くことができた」と喜びを語り、「今後は日本とのつながりもつくっていきたい。子供たちとのコンサートもやりたい」と抱負を語った。

 弓さんも4歳からバイオリンを始め、ドイツ・ライプチヒの音楽大に留学中。受賞後、「最終選考に残れただけですごい。栄誉なことだ」と笑顔で話した。 

最終更新:11/11(日) 9:17
時事通信

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ