ここから本文です

濱田岳 同じ月に2つの顔 振り幅大きすぎ「釣りバカ」ハマちゃんからの…

11/11(日) 6:00配信

デイリースポーツ

 俳優の濱田岳(30)が、1月スタートのテレビ東京系ドラマ「フルーツ宅配便」(金曜、深夜0・12)に、デリヘル店長役で主演することが10日、分かった。演出を映画「孤狼の血」「凶悪」の白石和彌監督が担当。濱田は1月に同局のスペシャルドラマ「釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助」にも釣りバカ社員のハマちゃん役で主演するとあって、同じ月に真逆ともいえる役柄に挑む。

【写真】振り幅大きすぎ「釣りバカ」ハマちゃん

 デリヘル店長とのんきな釣りバカ社員。濱田が、まったく逆の職業に就く主人公を同じ月に演じ分ける。

 「フルーツ宅配便」は、コミック誌「ビッグコミックオリジナル」で連載中の同名漫画が原作。会社が倒産し、地元の地方都市に戻ってきた主人公・咲田真一の目を通して、学費のために働くシングルマザーや整形したい若者ら、デリヘルで働くワケありな女性たちの姿を描いていく。

 第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の審査委員会推薦作品にも選ばれた原作を読み、濱谷晃一プロデューサーが「これを撮るなら、この人たちだ!!」と、濱田と白石監督にオファー。挑戦的な作品の多いテレ東でもなかなかGOサインが出ず、構想2年半で実現させた意欲作だ。

 濱田は、演技派の真骨頂を見せるべく「毎週楽しんでいただける作品にするべく、ステキな仲間たちと撮影をしております。ご期待ください」と腕を鳴らす。

 「釣りバカ」の番宣では同局の早朝子供向け番組「おはスタ」(月~金曜、前7・05)に出演したこともある濱田は、「ひとつだけ残念なのは『釣りバカ日誌』の(主人公)伝助のときの様に、朝から元気に『おはスタ』に出られないことです」とジョークもなめらか。白石監督との実力派タッグで、「勇者ヨシヒコ」「孤独のグルメ」シリーズを輩出した同局の「ドラマ24」枠に新たな代表作を刻む。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ