ここから本文です

喜友名、30年ぶり3連覇=組手の宮原は初V―世界空手

11/11(日) 9:08配信

時事通信

 【マドリード時事】空手の世界選手権第5日は10日、マドリードで各種目の決勝が行われ、個人形で男子の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)がスペイン選手に5―0で完勝し、3大会連続優勝を果たした。日本男子の3連覇達成は1984、86、88年大会を制した佐久本嗣男以来30年ぶり。

 女子で3連覇を狙った清水希容(ミキハウス)は、スペイン選手に2―3で敗れて銀メダル。

 個人組手では女子50キロ級で前回2位の宮原美穂(帝京大)がトルコ選手を3―1で下し、初の金メダルに輝いた。男子60キロ級の佐合尚人(高栄警備保障)はイタリア選手に逆転負けし、銀メダル。

 団体組手は、川村菜摘(警視庁)、斉藤綾夏(近大)、植草歩(JAL)で臨んだ女子の日本がフランスに敗れ2位となった。 

最終更新:11/11(日) 13:00
時事通信

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい