ここから本文です

商店街で女性刺され重傷=男逃走、通り魔か―横浜

11/11(日) 10:52配信

時事通信

 11日午前3時半ごろ、横浜市神奈川区大口通の大口通商店街で、新聞配達中の男性から「路上に血だらけで倒れている女性がいる」と119番があった。

 神奈川県警神奈川署などによると、女性は上半身を刃物で刺され重傷を負ったが、命に別条はない。搬送時には意識があり、「知らない男に刺された」と話していたという。

 同署によると、刺されたのは同区七島町、会社員弘瀬亜結さん(34)で、帰宅中だった。同署は通り魔事件とみて防犯カメラの映像や現場周辺での聞き込みなどを行い、殺人未遂容疑で男の行方を追っている。

 通報した新聞販売店の男性店主(60)によると、現場近くに止めた車の中で新聞の仕分けをしていたところ、背後から女性の悲鳴が聞こえた。振り向くと、弘瀬さんが左手で背中から左脇腹の辺りを押さえ、「痛い、助けてください」と言いながらはだしで歩いてきた。

 店主は弘瀬さんを座らせ119番、すぐに病院に搬送された。店主は「着ていた白いセーターが血で真っ赤に染まっていて驚いた」と話した。 

最終更新:11/11(日) 21:04
時事通信

あなたにおすすめの記事