ここから本文です

宮原知子、同門後輩・紀平に「刺激受けた」 2位で4年連続のGPファイナル進出

11/11(日) 6:01配信

デイリースポーツ

 「フィギュアスケート・NHK杯」(10日、広島県立総合体育館)

 女子はショートプログラム(SP)で5位だった紀平梨花(16)=関大KFSC=がフリーで大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に2度成功して154・72点で1位となり、合計224・31点で日本勢初のGP初出場優勝を果たした。宮原知子(関大)が合計219・47点で2位となり、3位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)とともにシリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日・バンクーバー)進出を決めた。

【写真】優勝を決めた紀平は…演技終了直後にドヤ顔ガッツポーズ!

 ほぼ完璧な演技だったSPから一転、GPシリーズ2大会連続Vを目指した宮原は、フリーのジャンプで不明瞭な踏みきりと回転不足を2つずつとられた。「(理由は)緊張しかない。最終滑走だとか、SPでよかったこととか、(優勝した)スケートアメリカみたいにと」。同門の紀平の得点は知らなかったが、さまざまな空気が呪縛に変わった。「悔しい気持ちがあるけど、自分も頑張らないといけないと刺激を受けた」と後輩の躍進で闘志に火がついた。

 ミスはあっても出来栄え点や演技構成点の高さで貫禄の2位。昨季は故障の影響で補欠からの繰り上げ出場だったGPファイナルへ、4年連続の出場を決め、「緊張があってもこの演技ができたことを自信につなげたい」と力を込めた。

あなたにおすすめの記事