ここから本文です

宇野昌磨GP2連勝でファイナル進出 完璧演技ならずも…声援が「力になった」

11/11(日) 6:01配信

デイリースポーツ

 「フィギュアスケート・NHK杯」(10日、広島県立総合体育館)

 男子は宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=がSP、フリーともに1位の合計276・45点で初制覇し、GP2連勝でファイナル進出を決めた。

【写真】宇野、ドヤ顔!ダイナミックな演技&技、次々決めた

 母国日本の大声援を受けながら見せた我慢の4分間だった。終盤の4回転トーループで着氷を乱すと、連続ジャンプを予定していた3回転サルコーでも体勢を崩す。それでも会場を包む温かな拍手に、宇野は浸った。

 「声援は自分の力になった。期待に応える演技はあまりできなかったけど…。次の試合へ向けて頑張りたい」。不本意な内容ながら、GPシリーズ通算5勝目。GP2戦連続優勝は自身初だ。文句なしの成績でGPファイナル出場決定。独特の言い回しで、さらなる飛躍を誓った。

 完璧な演技ではないながら「後味は割と悪くない演技だった」と前向きなのは、今季のテーマである「自分を信じる」ことを貫けたから。練習してきたことを試合のリンクで出し切ることがモットー。まだまだ上を見て、鍛錬を続ける。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ