ここから本文です

裾野東 成長の6人、1位リレー 静岡県中学駅伝・男子

11/11(日) 8:14配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 男子の裾野東は陸上部員が松田、米原、古宮の3人。窪田は今夏までテニス部で、小林と古田は校外のサッカークラブに所属する。「駅伝部」として本格始動した夏以降、着実に力をつけた6人が頂点をつかんだ。

 県中学3000メートルランク1位の2年松田が2位に14秒差をつける快走で勢いづけた。2区窪田、3区小林が首位を維持。4区の2年米原は静岡安東に一時先頭を奪われたが、「先輩が受験勉強の中で来てくれている」と奮起して再びトップに立った。5区の主将古宮が2位との差を36秒に広げ、アンカー古田は悠々とゴールした。

 「部活動が終わり、何かを続けたかった」(窪田)「サッカーに必要な体力をつけたい」(小林)と、駅伝に参加した理由はさまざまだ。それでもメンバーは地道に走り込み、自己記録を伸ばした。「勝てるとは一切思っていなかった。選手の頑張りに尽きる」。大会の庶務係としてゴールテープの端を持ち、歓喜の瞬間を間近で見た鈴木監督は声を弾ませた。

 古宮は「さらに力を伸ばして全国ではいい結果を残したい」と語った。残り1カ月でさらなる成長を期す。

静岡新聞社

あなたにおすすめの記事