ここから本文です

南米王者を懸けた“スーペルクラシコ”も自然には逆らえず…豪雨により翌日に延期へ

11/11(日) 6:37配信

GOAL

10日に予定されていたコパ・リベルタドーレスファイナル第1戦が荒天により延期された。

ボカ・ジュニオルスとリーベル・プレートによる南米王者の座を懸けた一戦は大きな注目を集めていたが、思わぬ形で初戦は中止に。10日朝からアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスは豪雨に見舞われ、ボカのホームスタジアムやその周辺は冠水。排水できないほどの雨がピッチに降り注ぎ、試合ができる状態ではなかったようだ。

そして、キックオフの約2時間前に、南米サッカー連盟(CONMEBOL)は10日の試合を延期する決定を下し、現地時間11日の16時から試合を開催すると発表した。

アルゼンチンに拠点を置く名門ボカとリーベルは激しいライバル関係にあり、両者の対戦は“スーペルクラシコ”と呼ばれ、大きな注目を集める。さらに、コパ・リベルタドーレス決勝で対戦するのは今回が初であり、街中が混乱するほどの熱気に包まれていたが、1日遅れで開催されることとなる。

なお、第2戦はリーベルのホームで24日に行われる予定となっている。

GOAL

最終更新:11/11(日) 6:37
GOAL

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ