ここから本文です

船井 14年目で念願の世界切符「今日は出来すぎ」次は王者アンカハスとの対戦が有力

11/11(日) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇IBF世界スーパーフライ級挑戦者決定12回戦 同級3位・船井龍一(ワタナベ)2回2分9秒TKO 同級7位・ビクター・エマニュエル・オリボ(メキシコ)(2018年11月10日 後楽園ホール)

 プロ14年目の船井が念願の世界戦への切符を手にした。

 2回に会心の右ストレートをヒットさせてダウンを奪うと、立ち上がったオリボに左フックを浴びせてTKO勝ち。「過去最高に良かった。でも、今日は出来すぎですね」と笑った。次は王者アンカハス(フィリピン)との対戦が有力で、33歳は「絶対に世界ベルトを獲る。米国で盛り上がっているSuperflyにも出たい」と意欲的だった。

あなたにおすすめの記事