ここから本文です

川崎F V収入22億円、昨年から大幅アップ クラブに豊かさ運ぶ

11/11(日) 8:00配信

スポニチアネックス

 ◇明治安田生命J1第32節 川崎F1―2C大阪(2018年11月10日 ヤンマー)

 リーグ連覇はクラブの財政面にも大きな意味を持つ

 優勝に伴う収入はDAZN元年の昨年から22億円(Jリーグ均等配分金3億5000万円、J1優勝賞金3億円、理念強化配分金15億5000万円)に大幅アップ。来季の強化配分金は昨年の優勝分と合わせて14億円にのぼる。既にクラブハウス内に食堂を新設し、快適な最新型チームバス導入も決定。今季初招へいし、ケガ人の早期復帰を実現させたPT(理学療法士)をさらに増員する計画もある。

 20年には東京五輪世代の筑波大MF三笘薫(21)と順大FW旗手怜央(20)の加入が内定。今後も人材確保やインフラ整備などにまい進する方針だ。

あなたにおすすめの記事