ここから本文です

ホンダ、新型インサイトの実車を披露。年内発売決定で予想価格は?

11/11(日) 11:04配信

carview!

ホンダは11月1日、3代目となる新型ハイブリッド(HV)セダン「インサイト」の年内発売を正式にアナウンスするとともに、メディア向けに実車を披露しました。インサイトは1999年に初代が登場、2009年には低価格HVとして2代目を発表しましたが、トヨタ プリウスの影響もあって思うように販売が伸びず2014年に生産を終了していました。

>>新型インサイトの写真を見る<<

約4年ぶりの復活となった3代目は、シビックと共通のプラットフォームを採用することで、これまでのコンパクトな5ナンバーサイズからひと回り拡大し、価格的にはシビックとアコードの間に位置するモデルとなります。シビックセダン(ガソリン)が265万320円、アコード(HV)が385万円からとなっていますので、300万円前半くらいからのスタートとみるのが妥当でしょうか。ちなみに設定グレードはベースモデルのLX、EX、EX・ブラックスタイル(日本専用)の3つと発表されました。

パワートレーンは2モーターハイブリッドシステム「スポーツハイブイリッド i-MMD」に1.5L直4アトキンソンサイクルエンジンを組み合わせて搭載。日本仕様のスペックはまだ発表されていませんが、米国仕様ではシステム最高出力151hpを発生、市街地での燃費は23.4km/Lとなっています。

外観では新たにデザインされたフロントグリルと、トランクスポイラーの装備が日本仕様専用とのこと。主に若い層を狙ったというシンプルな米国仕様のグリルに対して、クロームメッキを施した5本のバーに変更することで高級感やクラス感の表出を意図したそうです。さらによく見てみると、刀をイメージしたというバーには中央と端部でコントラストがつけられており、その奥にはブラックの格子を置くという凝りようでした。

安全装備面では、「ホンダセンシング」を全グレードに標準装備。渋滞追従機能付ACCや車線維持支援システム、前方・後方の誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリングなどが備わります。

実車を初めてみた記者ですが、扱いやすそうなサイズ感や荷室などの実用性、シンプルにまとめられた内外装にも好感をもちました。3代目の新型インサイトは、プリウスの性能は認めつつもデザインで選択に躊躇しているハイブリッドセダン需要層にアピールできるのではないかと感じた次第です。価格を含めた詳細が発表される年末の続報を待ちたいと思います。

最終更新:11/12(月) 8:45
carview!

あなたにおすすめの記事