ここから本文です

パトカー追跡の車炎上、女性死亡 岡山・津山 大型トラックに追突 夫の依頼で捜索中に

11/11(日) 10:50配信

山陽新聞デジタル

山陽新聞デジタル

 11日午前1時45分ごろ、岡山県津山市河辺の国道53号交差点で、捜索依頼を受けたパトカーに追跡されていた乗用車が信号待ちで停車していた美作市、運転手男性(49)の大型トラックに追突した。乗用車は大破し炎上。運転していたとみられる津山市の女性(50)が死亡した。死因は火傷死。トラックの男性も首を痛めるなどして軽傷のもよう。

 津山署によると、同日午前0時15分ごろ、この女性から「家庭内でもめ事が起きている」と110番があり、署員が自宅に急行。女性が車で家を出ていたため、夫から捜索依頼を受けた署員がパトカーで捜索した。

 自宅付近で車を発見し、赤色灯を付けて停止を求めたが応じず、車が信号を無視して走行したため、サイレンを鳴らして追跡。パトカーは最終的に約50メートル離され、車は発見場所から東に約4キロの地点で、事故を起こしたという。

 同署が身元の確認を急ぐとともに原因を調べている。

 岸淵秀夫副署長は「現時点で追跡行為に問題はなかったと考えている」としている。

 事故を目撃した後続車の女性=40代=は「『ドーン』という大きな音がして、車のフロントが粉々になるすさまじいありさまだった。炎が激しく、とても近づけなかった」と話した。

最終更新:11/11(日) 18:21
山陽新聞デジタル

あなたにおすすめの記事