ここから本文です

インバウンド需要が高まりつつある「エンターテイメント和食」とは何か?

11/11(日) 11:02配信

食べログマガジン

【おしゃれフードトレンドを追え! 】船に釣りに大興奮!外国人接待ならエンターテイメント系和食へ

おしゃれ業界にもグローバル化の波が押し寄せている。もともと現代のファッションは欧米から伝来したものなので、今更グローバル化というのもおかしな話なのだが。ファッションの展示会でもパーティでも東京コレクションの会場でも、必ずと言っていいほど海外の方がいる。取材対象者も外国人、フォトグラファーやジャーナリスト、バイヤーも外国人という風景は珍しくない。とある外資系サイトのファッション撮影では、スタッフの中で私だけが日本人という場面もあった。

とにかく最近クリエイティブ系の仕事をしていると海外からのお客さんが多くなり、本格的にグローバル化している。その理由としては、外資系アパレル企業が増えた、海外の人と仕事する日本人クリエイターが増えた、SNSなどの普及でおしゃれなモノ・コトの情報を国の垣根なくスピーディに見られるようになった、などさまざまな要因がある。


最近急増するおしゃれ外国人出張族たち。彼らは東京に何度も仕事で来ていて、懐石料理や高級寿司や庶民派のとんかつ&うどん(※以前のコラムでご紹介)などはとっくに経験済み。京都や鎌倉も観光済みの達人たちだ。となると困るのが次の会食ネタ。「どうすれば会食が盛り上がるのか?」「今回はどうしよう? どこに連れて行ったら喜ぶかな?」という会話が、来日イベントの多いファッション業界繁忙期には聞こえてくる。

そんなもてなす側の人たちにうれしい店が話題になっている。それは誰もがワクワクする“エンターテイメント系和食”。食事ももちろん美味しく、さらに遊べる体験型のレストランだ。日本人の我々も、たまには非日常を楽しみたい!

お台場の夜景を眺めながらの水上レストラン:Suship

「SushipUSHIP」とはその名の通り、SHIP(船)でSUSHI(寿司)が食べられる水上レストランだ。屋形船とは異なり、停泊型の船を水上レストランとしてオシャレにリノベしたのがSUSHIP。船上なのにテーブル&椅子でゆったり会食できる新感覚の非日常感が味わえ、欧米外国人の間でじわじわと人気が広がっている。

1/2ページ

最終更新:11/11(日) 11:02
食べログマガジン

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい