ここから本文です

楽しみ方は“映画”だけではない! 第31回東京国際映画祭レポート

11/11(日) 6:20配信

ニッポン放送

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

10月25日から11月3日まで開催された「第31回東京国際映画祭」。毎年、私は司会者として、映画祭をサポートさせていただいています。
今年のコンペティション部門には、109の国と地域から1,829本が応募され、16作品が正式出品。東京グランプリに輝いたのは、フランスのミカエル・アース監督による『アマンダ(原題)』。そして日本からコンペに出品した阪本順治監督と稲垣吾郎のタッグによる『半世界』は観客賞を受賞しました。

30回以上続く歴史ある本映画祭ですが、実は、その年ごとにさまざまな試みにチャレンジしています。そこで今回は、八雲ふみねならではの注目作とともに振り返ってみましょう。

映画、食、ワークショップ、そしてハロウィンも。多彩な“お祭り”映画祭!

「第31回東京国際映画祭」で個人的に注目していた特集が、「イスラエル映画の現在2018」。近年、秀作が数多く見られるイスラエル映画にフォーカスし、その複雑で多様なイスラエルという国を映し出す5作品が上映されました。
なかでも印象的だったのが『ワーキング・ウーマン』。雇い主からの執拗なセクハラ&パワハラを受けるヒロインの姿を描いた女性映画で、「#MeToo」というワードが世界中でトレンドとなっている昨今、とてもタイムリーな1作です。それだけに上映後のQ&Aは、「雇い主に対する主人公の反撃が手緩いのではないか…」「主人公の旦那もだらしない!!」といった歯に衣着せぬ様々な意見が飛び交い、白熱した場に。
ゲストで脚本家のシャロン・エヤールと共に、1本の映画を会場にいる全員でディスカッションする。お互いに意見交換をすることは、それぞれの国や文化を知るきっかけにもなります。これぞ、国際映画祭の意義だと思える、大変貴重な場面でした。

狂言師の野村万作、野村萬斎、野村裕基の親子3世代が今年9月にパリのピエール・カルダン劇場で、究極の舞「三番叟(さんばそう)」を披露する。その舞台に密着したドキュメンタリー『野村家三代 パリに舞う~万作・萬斎・裕基、未来へ』の上映に、野村萬斎がゲスト出演しました。

1/3ページ

最終更新:11/11(日) 6:20
ニッポン放送

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい