ここから本文です

フリーアナウンサー大橋未歩が、『餃子フェス』でやらかしてしまった失敗

11/11(日) 7:20配信

ニッポン放送

フリーアナウンサーの大橋未歩がパーソナリティを務めるラジオ番組「大橋未歩 金曜ブラボー」が放送され、先日11月4日(日)まで中野四季の森公園にて開催されていた『餃子フェス TOKYO 2018』に行ってきたという大橋が、そこでやらかしてしまった失敗談について語った。

10月5日(金)からスタートした新番組『大橋未歩 金曜ブラボー』は、「一緒に笑顔になる時間」をコンセプトに、毎週金曜の午後に放送する、“トーク&ミュージック”を基本とした大型ワイド番組。パーソナリティである大橋未歩の明るい笑い声でリスナーの笑顔を増やし、癒しとなれるような心地よい時間を届けるべく放送している。

先日大橋が行ってきたという『餃子フェス TOKYO 2018』は、全国各地の餃子の名店が一堂に会するイベントで、人気のメニューが多数並ぶ餃子好きにはたまらないイベント。餃子が大好きだという大橋は意気揚々と出掛けていったそうだが、そこで“ある失敗”をしてしまったといい、パートナーでフリーアナウンサーの荘口彰久に促される形で、そのときの様子について語った。

荘口:(餃子フェスで)何が起こった?何か大変なことが起こったんですか?

大橋:餃子フェスにはいろいろな餃子があったんですけど、私はその中でも、羽つき小籠包を絶対食べようと思っていて。私、餃子の中でも羽つき餃子が大好きなんですよ。羽のパリッとした食感ともちっとした皮の食感を楽しみたいと思って。しかもそれが小籠包なんて珍しい!絶対食べる!と思ってて

荘口:うん

大橋:1店舗目でそれをゲットしたんですよ。で、あまりにも素敵な小籠包だから、写真を撮りたいと思ったんですよ。それで、左手に小籠包を持って、右手でカバンの中のケータイをゴソゴソとあさり出したんですね。そしたら、スサーン!って音がして

荘口:スサーン?(笑)

大橋:パッて振り向いたら、羽つき小籠包が、キレイにアスファルトに並んでたんですね。全部、そのまま流し落ちちゃってたんですよ

荘口:あ、スサーン!ってそのまま羽で滑空したわけですね

大橋:そうそうそう(笑)で、うわぁ・・・って思って呆然としてたら、後ろから「すいませーん」って可愛い声がして、振り向いたら学生の女の子がいて、「これ使ってください」って言ってウエットティッシュをくれたんですよ。ツライですよね~みたいな感じで。それで、はぁ・・・って泣きそうになってたら、「あの~よかったらこれ食べてください」って言って、自分が持っている餃子を恵んでくれたんです

荘口:・・・(笑)よっぽど哀れな感じに見えたんでしょうねぇ

大橋:牛カツ餃子を1個恵んでくれて。で、「私、実はニッポン放送で番組やってて・・・」って話をしたら、「あ、聴いてます~!」って

荘口:えっ!?

大橋:「聴いてます~!『星野源のオールナイトニッポン』!」って言われて。「で、ですよね~」なんて言いながら

荘口:あはは(笑)

大橋:その子は6店舗ぐらい回っていて、1人餃子大好きなんですって。で、「どれが1番美味しかった?」って聴いたら、「羽つき小籠包です」って言われたんですよ。「これはもう食べるしかない!」って思って。アスファルトに落ちたけど拾ったから

荘口:もう1回買うんじゃないんだ・・・

大橋:羽つき小籠包の羽から落ちたから。だから羽を全部キレイに取って、普通の小籠包として食べたっていう

荘口:あはは(笑)

自身の失敗によって、一番楽しみにしていた羽つき小籠包を、本来の形で味わうことができなかったという大橋。しかしこの話をしたあと、大橋に餃子を恵んだリスナー本人から番組にメールが届くといった展開があり、餃子を失った代わりに1つ大事な繋がりが得られる結果となった。

(11月2日(金)放送 ニッポン放送「大橋未歩 金曜ブラボー」より)

ニッポン放送

最終更新:11/11(日) 7:20
ニッポン放送

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ