ここから本文です

ホークス柳田、広島丸、鈴木が圧倒! RC27で見る“得点能力”ランキング

11/11(日) 10:18配信

Full-Count

パ・リーグは柳田が唯一の10点台と好数値をたたき出す

 セイバーメトリクスにRC27という指標がある。これは安打、長打、盗塁、盗塁死、四死球、三振、犠打、犠飛というオフェンス面の数字を加味し、打者の得点能力をみるものだ。

【一覧】守備のベストナイン! 2018年「三井ゴールデン・グラブ賞」各ポジション別得票数

 1人の打者が1試合打席に立ち続けて27回アウトになる前に、何点取れるかという数字だ。5.0前後が標準、6.0で強打者、9.0あればMVP級となる。この指標は積み上げ型ではなく、打率や出塁率と同様、その選手のポテンシャルを示している。

両リーグ100打席以上の選手のRC27ランキングを見ていこう。

パ・リーグ 15傑

1柳田悠岐(ソ)10.41(130試475打167安36本102点21盗 率.352)
2山川穂高(西)8.54(143試541打152安47本124点0盗 率.281)
3吉田正尚(オ)8.27(143試514打165安26本86点3盗 率.321)
4秋山翔吾(西)8.16(143試603打195安24本82点15盗 率.323)
5近藤健介(日)7.43(129試462打149安9本69点5盗 率.323)
6浅村栄斗(西)7.05(143試565打175安32本127点4盗 率.310)
7井上晴哉(ロ)6.99(133試476打139安24本99点1盗 率.292)
8西川遥輝(日)6.88(140試528打147安10本48点44盗 率.278)
9アマダー(楽)6.40(62試212打57安20本42点1盗 率.269)
10森友哉(西)6.38(136試473打130安16本80点7盗 率.275)
11中村晃(ソ)6.12(136試506打148安14本57点1盗 率.292)
12中村剛也(西)5.97(97試355打94安28本74点1盗 率.265)
13外崎修汰(西)5.94(119試453打130安18本67点25盗 率.287)
14長谷川勇也(ソ)5.93(55試101打29安5本20点0盗 率.287)
15明石健志(ソ)5.80(45試103打29安1本12点2盗 率.282)

 パで最も得点能力が高かったのは首位打者の柳田悠岐。1人10点を越えている。本塁打王の山川とはかなり差がある。本塁打数は少ないが、打率が高い上に盗塁も多い。上位には規定打席に到達した各球団の主力級が並んでいるが、9位に薬物問題で出場停止となったアマダーが入っている。

 楽天には4人の外国人打者がいたが、最も生産性が高かったアマダーの離脱はチームにとって大きな痛手だ。15位までにはソフトバンクの控え選手が2人いる。元首位打者の長谷川と明石。この2人は、出場機会は少なかったが、試合に出れば主力級の働きをしたことがわかる。こうしたレギュラークラスの実力がある控え選手がいることも、ソフトバンクの強みになっている。

1/2ページ

最終更新:11/11(日) 13:12
Full-Count

あなたにおすすめの記事