ここから本文です

【日米野球】柳田の打撃にMLB選抜捕手も完敗認める 「穴がまったく見つからない」

11/11(日) 11:40配信

Full-Count

「今までの日本のイメージを覆すタイプ」と絶賛も

■侍ジャパン 12-6 MLBオールスター(10日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は10日、東京ドームで第2戦が行われ、侍ジャパンが12-6で2連勝を飾った。第1戦に続き、豪快なバッティングで打線を牽引したのは柳田悠岐(ソフトバンク)。この日は3回に逆方向の左中間席に特大アーチをぶち上げるなど、4打数4安打4打点と勢いは止まず。MLBオールスターチームで先発マスクを被ったJT・リアルミュート(マーリンズ)は「いいね、あのパワー。ちょっとビックリだ」と呆れながら笑うしかなかった。

【表】前田健太も参戦! 侍ジャパン&MLBオールスター選手一覧

 潔い完敗宣言だった。

「正直、今のところ穴がまったく見つからないんだ」

 第1戦にバックスクリーンへ放った衝撃の逆転サヨナラ2ランに加え、この日は高々と打ち上げたボールを逆方向の左中間席へ運んだ。豪快なスイングから繰り出されるパワフルな打球。「今まで持っていた日本人打者のイメージを覆すタイプ。豪快なだけじゃなくて、しっかりボールを捉える技術もあるようだ。対戦相手だけど、見ていて楽しくなる打者だよね」と、マスク越しに受けた印象を語った。

 柳田のスイングを見たリアルミュートの脳裏には、今季メジャーで投打の二刀流として注目を浴びたエンゼルス大谷翔平だったという。「フォロースイングは大きいけど、決して雑ではない振り方が、2人の共通点に見えた」と話す。

 リアルミュート自身は、巨人とのエキシビジョンゲームに続き、この日も右翼へ3ランを叩き込むなど2安打をマークし、打撃は絶好調だ。だが、チームはまさかの2連敗。「まずはヤナギタの穴を見つけないと。見つかればいいんだけど(笑)」と、柳田封じで巻き返しを図ることを誓った。

Full-Count編集部

最終更新:11/11(日) 15:48
Full-Count

あなたにおすすめの記事