ここから本文です

2018年度「現代の名工」 沖縄県内から3氏選出

2018/11/11(日) 14:05配信

沖縄タイムス

 厚生労働省は11日、工業技術や伝統工芸、料理など各分野で優れた技術、業績を持つ150人を2018年度の「現代の名工」に選んだと発表した。表彰式は12日。沖縄県内からは染め物織の屋冨祖幸子さん(71)=那覇市=と、ガラス吹工の平良恒雄さん(70)=浦添市=、畳工の益田伸次さん(68)=宜野湾市=の3人が選ばれた。

 現代の名工は技術者の地位と技術水準の向上を図るため、1967年に創設された。極めて優れた技能を持ち、ほかの技術者の模範と認められることなどの基準のもと、都道府県や業界団体が推薦した候補を審査する。

最終更新:2018/11/11(日) 14:05
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事