ここから本文です

稲垣吾郎、演じたベートーベンと似ている性格とは

11/11(日) 7:42配信

日刊スポーツ

稲垣吾郎(44)が10日、東京・赤坂ACTシアターで、今日11日初日の主演舞台「No.9-不滅の旋律-」(12月2日まで)の公開ゲネプロ前に囲み取材に応じた。15年の舞台の再演で、波乱に満ちた苦悩の人生を送ったベートーベンを演じる。

【写真】公開ゲネプロに臨む稲垣吾郎と剛力彩芽

物語の舞台となるオーストリアを旅してきたという稲垣は「いよいよという感じ。さらにパワーアップしたものをお届けし、成長を見ていただければ」と意気込みを語った。

ベートーベンとは、せっかちでヒステリックな部分が似ているとし、最近、草なぎ剛(44)香取慎吾(41)から「“ヒステリックゴロチ”と言われているんです。何十年も一緒にやってきているので、隠してもばれちゃいますから。家族みたいなものです」と2人との関係にも言及した。

また、プライベートについては「充実してるし楽しい」。恋愛については何もないとしたが「年も年だし、大歓迎です」と笑顔で答えた。

※「草なぎ」の「なぎ」は弓ヘンに前の旧字体その下に刀

最終更新:11/12(月) 23:24
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ