ここから本文です

中国「独身の日」期間中の郵便物処理量、最高1日4億件

11/11(日) 9:40配信

東方新報

【東方新報】中国国家郵政局によると、「双11」(11月11日、独身の日)期間、EMS(国際スピード郵便)が今年最大のピークを迎えると言われており、初歩的な予測では11月11日から16日の間、全国の郵便局で速達を含めた郵便荷物を処理する業務量は18億7000万件、前年同期比で25%まで達する見込みだという。

 さらに1日の業務処理量は最高で4億1000万件、前年比23.9%の増加、期間中の平均業務量は1日3億1000万件、通常業務量と比較しても約2.4倍以上の業務量になると予測している。

「独身の日」などEMS業務の繁忙期が刻一刻と近づくころ、業界でも同期間中におけるサービス、安全保障などに関する問題が各界で注目を集める。

 これについて、国家郵政局市場監管司の辺作棟(Bian Zuodong)副司長は、「毎年のピークシーズンは、業界全体でサービスの質を向上させ、総合的な力を強化する重要な期間。同局も社会的効率性を高め、国民の経済発展を手助けするための重要な時期でもある」とコメントしている。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:11/11(日) 9:40
東方新報

あなたにおすすめの記事