ここから本文です

日本航空は「マジメ」な2年生3バックが奮闘!3年生のサポートも受けて完封勝利

11/11(日) 1:22配信

ゲキサカ

[11.10 選手権山梨県予選決勝 帝京三高 0-2 日本航空高 中銀スタ]

 日本航空高の3バックは全て2年生の3人によって構成されている。DF篠原靖(2年)を中心に右が小田翔大(2年)で左が能口岳斗(2年)。仲田和正監督が「愚直なまでにマジメにやる」と評する3バックが、帝京三高完封に大きく貢献し、全国切符を引き寄せた。

 篠原が1人余る形でカバーリングに専念。相手のロングボールが増える中、小田と能口も良く体を張ってその攻撃を跳ね返していた。帝京三のサイドからのドリブルに苦戦するシーンもあったが、そこは連係して対応。MF齊藤泰征(3年)のスーパークリアにも助けられて無失点で試合を終えた。

 リーダー格の篠原は「ずっと1年間を通して色々な相手と経験して、それなりに守れてきていたし、いつも通りに守れば守れるかなと思っていた」と振り返る。控えボランチでDFを務めることもあったという篠原が、夏から最終ラインに専念。それぞれが人の意見に対して聞く耳を持つことができ、協調性もあるという3人だったからこそ、短い時間で良い関係性を築くことができたようだ。

 篠原は「今、役割的にカバーリングが大事なので、カバーリングのところをずっと極めてきたというか、そこを本当に意識してやってきたので自信があります」と自己分析。そして篠原が「ヘディングや前に強くて跳ね返してくれるので頼りにしている」という小田と、「マジメでキツイ時でも献身的に戻ってくれる。東海(大甲府高)戦もスライディングで守ってくれたり信頼しています」という能口の3人の良さが上手く噛み合っている。

 この日は後半の苦しい時間帯にDF嶋津柚杏(3年)やDF加藤祥真(3年)が投入されて、GK橋本亮太(2年)を含めた2年生たちをサポート。仲田監督が「責任と役割を果たしてくれた」と感謝した3年生DF陣の存在も大きかった。

 次は全国のアタッカーたちと対峙することになる。篠原は「まだそれぞれ課題もありますし、メンバーに決まった訳でもない。ここからまたフラットの状態でスタンドの選手ともメンバー争いが始まるので、気を引き締めてやっていきたい」。まずは競争を勝ち抜くことに集中。そして、ピッチ内でもピッチ外でも、3年生たちとともに全国での勝利を目指す。

最終更新:11/12(月) 20:15
ゲキサカ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ