ここから本文です

Pixel 3の「Google レンズ」検証! カメラをかざすだけで“ググれる”ヤバイ代物

11/12(月) 19:00配信

bouncy

「世界のとらえ方を変える」とうたうPixel 3のカメラ。

撮影機能だけでなく、カメラをかざすだけで物体をスキャンして検索する「Google レンズ」を搭載しています。ちょっとばかりハイテク過ぎるこの機能、一体何がどこまでできるのでしょうか?

文字入力不要のGoogle検索

カメラを起動して「レンズ」を選ぶだけで、写した情報をスキャンしてあらゆる情報にアクセス。何ができるかというと、レンズ使う時には「テキスト」「類似商品の検索」「動植物を調べる」「書籍やメディアの検索」「バーコードやQRコードのスキャン」が可能と表示されます。

例えば、友達のアイテムで「僕もほしい!」となった時は、商品名を聞いてAmazonで検索して……といった行動はもはや不要。アイテムにカメラを向ければ、AmazonなどのECサイトなどのリンクが表示されます。


モノによっては認識精度が低くなることもありますが、慣れるとスマホの使い方が変わりそう。

ゴリラは認識できない

もともと、動植物の種類をスキャンして調べるアプリは存在します。例えばbouncyでも取り上げた「リンネレンズ」は、かなりの精度で水族館の生き物の種類を特定できていました。

そこでGoogleレンズの「動植物を調べる」の閾値を調べたかったので、動物園へ。

いろいろな動物をスキャンした結果、「キリン」とか「サイ」といったおおまかな種類は高精度で教えてくれます。

一方で、「アジアゾウ」をスキャンしても「インドゾウ」と表示されたり、「ユーラシアカワウソ」を「カナダカワウソ」と認識したりと、細かい分類までは難しいようでした。

ハシビコロウ先生がいたのでスキャンしてみると……残念ながら形の似た違う鳥類を提案されてしまいました。今後Googleレンズユーザーが増えるほどに、機械学習が進んで精度も上がっていくものと思われます。

なお、人間はスキャンしても認識できないのですが、ゴリラやサルといった霊長類も認識しませんでした。Googleは以前に、画像認識システムで「人間をゴリラと認識する」という問題を起こしたことがあるので、人間に近い対象には慎重なのかもしれないですね。

1/2ページ

最終更新:11/12(月) 19:00
bouncy

あなたにおすすめの記事