ここから本文です

ライコネン「全力を出し切っての3位。いいレースができたと思う」:F1ブラジルGP日曜

11/12(月) 13:54配信

オートスポーツweb

 2018年F1ブラジルGP決勝で、フェラーリのキミ・ライコネンは3位だった。

■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 決勝=3位
 エキサイティングないいレースだった。最初から最後までマシンが好調で、いいバトルをすることができたんだ。速さがあったし、何か問題に対処しなければならないようなこともなかった。

表彰台のハミルトン、フェルスタッペン、ライコネン

 最初のタイヤセットは序盤はとてもよくて、満足していたが、メルセデスを抜こうとした時に少し傷めてしまった。タイヤ交換をすると、マシンの調子がとてもよくなった。ピットストップの後にメルセデスを抜けるだろうことは分かっていた。その後もマシンの動きはとてもよかったけれど、これより上の順位を狙うにはもう手遅れだった。

 戦略について言うと、自分たちにとってベストだと思うことをした。いろいろなことが議論の対象になるけれど、今日は最大限のことができたと思う。もちろん最高のリザルトではないが、これ以上のことができたとは思わない。全くミスなく、全力で戦った上での結果だ。

 コンストラクターズ選手権でメルセデスに勝つのは難しいと分かっていた。最善を尽くしたけれど届かなかった。今年一番優れたチームが勝ったんだ。当然の成り行きだよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:11/12(月) 13:54
オートスポーツweb

あなたにおすすめの記事