ここから本文です

【ジャパンC】外国馬2頭が招待受諾 愛ダービー馬カプリ&大レース善戦のサンダリングブルー

11/13(火) 7:19配信

netkeiba.com

 25日に東京競馬場で行われるジャパンC(GI・芝2400m)に予備登録のあった外国馬のうち、カプリ(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)とサンダリングブルー(セ5、英・D.ムニュイジエ厩舎)の関係者が招待を受諾した。

 カプリは父Galileo、母Dialafara、その父Anabaaという血統。通算成績は15戦6勝で、G1は昨年の愛ダービーと英セントレジャーを制している。前々走の凱旋門賞(G1)では5着。英チャンピオンS(G1)の4着から臨む

 サンダリングブルーは父Exchange Rate、母Relampago Azul、その父Forestryという血統。通算成績は21戦6勝。今年のヨークS(G2)で重賞を初制覇し、G1勝利はないものの、豪華メンバーが出走した今年の英インターナショナルS(G1)で3着と好走しているほか、カナディアンインターナショナル(G1)でも2着となった。

最終更新:11/13(火) 7:19
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事