ここから本文です

ライアン・レイノルズ版ピカチュウがしゃべりまくる!実写版「ポケモン」予告編公開

11/13(火) 22:40配信

映画.com

 [映画.com ニュース] ハリウッドの実写版ポケモン映画「ディテクティブ・ピカチュウ(原題)」の予告編映像が、このほど公開された。ピカチュウの声を担当するライアン・レイノルズが、実写になったピカチュウを通して軽快なトークを披露している。

 同作は世界的な人気を誇る日本発のゲーム「ポケットモンスター」シリーズ初の実写映画化。ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」を手がけたレジェンダリー・ピクチャーズが製作を手がけている。ニンテンドー3DS用ソフト「名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~」をもとに、行方不明の父親を探す少年ティム・グッドマン(ジャスティス・スミス)が、名探偵ピカチュウと組んで事件解決に挑むさまを描く。

 このほど公開された予告編映像では、ピカチュウとティムの出会いが描かれる。柔らかな毛並みが表現されたピカチュウがいたずらっぽく笑うキュートな姿が見られるほか、人間にまぎれた多数のポケモンたちや、ティムの父を知る人物として登場する渡辺謙の姿も確認できる。

 人間とポケモンが共生する街に暮らすティムは、幼いころに抱いたポケモントレーナーになる夢をくすぶらせているが、行動に移せないでいる。そんなとき、部屋に忍び込んできたピカチュウと鉢合わせ、言葉が通じることに驚愕する。注目なのは、驚くティムをよそに、マイペースに軽快なトークを繰り広げるピカチュウだ。

 これまで何を話しても人間には「ピカピカ」としか聞こえなかったため、ホッチキスを武器に向かってくるティムに「はいはい、何言ってもわかんないよね。そのホッチキスを置かないんだったら感電させちゃうぞ」と大げさな身振りで話すが、ティムが言葉を理解していることに気が付くと大喜び。「え? わかるの!? やったー! わかるんだね! 超寂しかったんだよ!」としゃべりまくる。

 ありえない事態に、ティムは街で出会った女性に「こいつが何言ってるのかわかるよね!?」と聞くものの、「もちろんよ! 『ピカピカ』よ。可愛いわね!」と返されてしまう。焦るティムを尻目に、ピカチュウは「可愛いのは君さ」と軽口を叩く始末だ。

 レイノルズは自身のTwitterに、予告編映像と「みんな知ってると思うけれど、俺、同じ言葉を繰り返すちっちゃな探偵になったんだよね。こんなに早いとは思わなかったけど。#PikaPika #DetectivePikachu」というコメントを投稿。ファンからは、「公開が待ちきれない!」「最高!」といった賛辞が寄せられたほか、返信としてレイノルズの代表キャラクターであるデッドプールのスーツを着たピカチュウの画像が送られるなど、早くも盛り上がりをみせている。

最終更新:11/13(火) 22:40
映画.com

あなたにおすすめの記事