ここから本文です

「サイゼリヤ」で1人千円以内で完璧に飲むための極楽メニュー

11/13(火) 19:00配信

メシ通

日本橋浜町のサイゼリヤで“せんべろ飲み”に挑戦

ファミレス飲みが流行っているようです。ファミレスがアルコールを安く提供し出したことで、安く気軽に飲めるお店として注目されるようになったわけです。なかでも、よく話題になるのが「サイゼリヤ」のコスパの素晴らしさ。もともと非常にコストパフォーマンスの高いイタリアンレストランとして知られる「サイゼリヤ」ですが、ワインの安さは、ちょっと驚くレベル。

だって、グラスワインが1杯100円、500ミリリットルのデカンタが399円、1.5リットルのマグナムボトルが1,080円ですよ。安いなんてもんじゃないですよ。実は先日、大阪の安くて美味い飲み屋さんを飲み歩いてきて、その安さにびっくりして来たわけですが、「サイゼリヤ」はそれ以上のコストパフォーマンス力を持っているのです。

そんな話をしていたんですが、じゃあ、本当に「サイゼリヤ」で本当に1,000円でいい感じに酔っぱらえるのか試してみようということになりました。1人1,000円以内という取り決めでの飲み会です。1,000円でどんな組み合わせで行くのか、ここに酒飲みとしての経験とセンスがにじみ出てくるわけです。

負けられない戦いがここにある!

参加者は、元ワイン雑誌編集長のモギ氏、神保町の特殊古書店・マニタ書房店主のとみさわ昭仁氏、カメラ係で写真には写っていませんが、『メシ通』編集のM氏、そして僕の4人です。予算はもちろん1,000円×4名=4,000円のみ!

さっそくメニューを広げてメニューを吟味します。まず問題となるのは、酒と料理のバランス。せんべろと言う以上、ワイン一杯というわけにはいきません。ちゃんと酔っぱらえる程度の酒量は欲しい。料理にしても、つまみがひと皿だけなんて、寂しすぎる。あくまでも、たっぷり飲んで、たっぷり食べたい。しかも1人1,000円以内で。そんな無茶な望みを聞いてくれるのが、「サイゼリヤ」ですよ。ね、そうですよ。

「本当だったら、フルボトルを頼んでみんなで分けるのがお得なんだけど、それだけで1,080円いっちゃうからなぁ」

「そうか、サイゼリアって、基本的にワインとビールとサワーしかないのか。焼酎があれば、ドリンクバーと組み合わせる手があったんだけど」

スマートフォンの電卓アプリ片手にメニューを見ながら組み合わせを考えます。真剣です。なにしろ手練の飲み手ばかりですから、下手なセレクトをすると笑われてしまいます。ここはひとつ、みんなをうならせるような鋭い組み合わせを編み出したい。

「実はおれ、この間、近所の『サイゼリヤ』で1人で予行練習してきたんだよね」とみさわさんがそんなことを言い出します。

うわ、この人、やる気だ。

1/4ページ

最終更新:11/13(火) 19:00
メシ通

あなたにおすすめの記事