ここから本文です

トヨタ 新型「プリウス」12月にも発売 ついに不評の外観デザインテコ入れ 好評のPHV顔へ大幅変更へ

11/13(火) 10:30配信

くるまのニュース

外観デザイン不評の現行「プリウス」、大幅にテコ入れ

 トヨタが新型「プリウス」を2018年12月に発売します。注目されるのは、現行プリウスで評判が良くなかった外観を大きく変更することです。新型プリウスは2019年モデルとして、米国で11月末に開催されるLAショーで世界初披露されることが正式にアナウンスされていますが、日本では12月に発売となるようです。

新型「プリウス」はこれだけ変わる? PHVとの違いを画像でチェック(14枚)

 新型プリウスは見た目が大幅に変わりますが、ビッグマイナーチェンジの扱いです。ガラリと変わるデザインイメージは、プリウスPHVのデザインに近く、フロントマスクには独立式のLEDヘッドランプが装着され、現行プリウスに比べると、ランプを強調する目鼻だちのハッキリしたデザインになります。

 リアビューも大きく変わります。テールランプを現行型では縦長に配置していますが、マイナーチェンジ後は、プリウスPHVのような横長の外観をワイドに見せる形状に改められます。

 こういった変更を加える理由は、現行型のデザインが個性的過ぎて、売れ行きが伸び悩んでいるからです。現行プリウスの2018年上半期(4~9月)における小型/普通車市場の販売順位は、1位のノート、2位のアクアに続いて3位でした。

 プリウスはノートやアクアに比べるとボディが大きく価格も高いですが、発売が2015年12月ですから設計も新しいです。とくに2位のアクアは2011年の発売ですから、プリウスはもっと売れ行きを伸ばさねばなりません。

 しかも2018年上半期の対前年比は69.1%と低く、ノートの92.5%、アクアの99.5%に比べると落ち込みが大きいです。ノートとアクアは安定して売れていますが、プリウスは今後さらに販売が下がる可能性もあるでしょう。そこで評判の良くないフロントマスクの形状を大幅に変えるのです。このデザインに関しては、トヨタの豊田社長も「現行プリウスはデザインがダメ」と、公の場でトップ自らデザインを酷評したことで「近いうちに変更されるだろう」と言われていました。

 ちなみに現行プリウスは、2017年11月に内装色を変更。前席の中央に装着されたフロントセンターコンソールトレイが、陶器を連想させる乳白色で、シートなどをブラックにした時のコントラストが強すぎたためです。

1/2ページ

最終更新:11/14(水) 13:22
くるまのニュース

あなたにおすすめの記事