ここから本文です

岡田将生、反抗期をあっさりと振り返る「半年ないくらい」【動画付き】

11/13(火) 21:45配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 俳優の岡田将生(29)が13日、都内で行われた映画『家族のはなし』(23日公開)舞台あいさつ付き親子試写会に登壇。同作の内容にちなみ、自身の反抗期について聞かれると「ありました、ありました! 反抗してました~」と、あっけらかんとした表情で答え、会場から笑いが起こると、「軽すぎましたね」と苦笑した。

 「20代前半は色々な壁にぶち当たって、どこにもぶつけられない、いらだちがありました」と思春期に感じた思いを打ち明けた岡田は「母親と全然しゃべらない時もあったんですけど、お父さんが間を取り持ってくれて…。そこで私の反抗期は終わりました。半年ないくらいですかね」と笑顔で振り返った。

 終盤には、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』や日本テレビ系金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『北風と太陽の法廷』で注目を浴び、同作で岡田の幼少時代を演じた子役の田中レイ(6)がサプライズ登場。岡田が「俺、何歳に見えるんだっけ?」と聞くと田中が「19歳かな~」と回答。「まだ高校生役できますね」と満面の笑みを浮かべた。

 同作は、お笑い芸人・鉄拳のパラパラ漫画が原作。ある挫折をきっかけに自分の進むべき道を失った主人公・小林拓也(岡田)は、田舎の両親の元を離れ、東京で仕送りを受けながら大学生活の傍らバンドに熱中し、プロを目指すようになる。さまざまな挫折を経て家族の温かさを再発見しながら成長していく、人生を必死に生きる主人公と、そっと支える両親との切なくも心温まるストーリーとなっている。

 舞台あいさつにはそのほか、時任三郎(60)が登壇した。

最終更新:11/13(火) 21:45
オリコン

あなたにおすすめの記事