ここから本文です

ホンダF1、IHIとテクニカルパートナーシップ契約を締結。ターボチャージャー開発の技術関係を強化

11/13(火) 14:30配信

オートスポーツweb

 ホンダF1は、総合重工業メーカーであり、ターボチャージャーの製造も手がける株式会社IHIと、2019年から2年間のテクニカルパートナーシップ契約の締結を発表した。

【画像】ホンダPUを搭載するトロロッソSTR13

 2015年にマクラーレンとタッグを組み7年ぶりにF1へと復帰したホンダ。復帰後3年間は苦しいシーズンを過ごし2017年にマクラーレンと袂を分かつ。2018年からはトロロッソにPUを供給し、2019年からはレッドブルにもPUを供給することが決まっている。

 そんなホンダは、レッドブルへのPU供給開始を前に、IHIと2年間のテクニカルパートナーシップ契約を締結。PUのターボチャージャー開発、製造に関わる技術協力をより強化していく。

 ホンダは2015年の復帰参戦時からIHIよりターボの供給を受けているほか、1980年代のF1参戦第2期にもIHIのターボを使用しており、両社は以前から密接な関係を築いている。

 IHI執行役員の川崎義則氏は「このたび、世界最高のエンジンサプライヤーの一つであるホンダと世界最高峰のレース活動においてテクニカルパートナー契約を締結できることを嬉しく思います」とコメントする。

「双方がテクニカルパートナー契約の理念に則り、パワーユニットが最高のパフォーマンスを発揮できるよう、ターボチャージャーの開発を加速させていきます」

「2019年シーズン以降、輝かしい戦績を残した第2期ホンダF1レース活動のように、IHI製ターボチャージャーを搭載したホンダ製パワーユニット搭載車両の活躍に全世界が熱狂するシーズンとなりますことを、大いに期待しております」

 ホンダの執行役員、ブランドコミュニケーション本部長の森山克英氏は「今回の関係強化がホンダパワーユニットのさらなる性能向上に繋がると考えており、非常に頼もしく感じています。これからも我々の目標である勝利を目指して、ともにチャレンジを続けてまいりますので、ファンの皆さまには引き続きご声援のほどよろしくお願いします」とした。


[オートスポーツweb ]

最終更新:11/13(火) 17:50
オートスポーツweb

あなたにおすすめの記事